マヤラン(摩耶蘭)

分類 キジカクシ目ラン科シュンラン属
学名 Cymbidium nipponicum

 腐生植物で葉はありません。シュンラン属なので花はシュンラン(春蘭)に似ています。最初に神戸市の摩耶山で発見されたことからマヤラン(摩耶蘭)と名付けられたとか。広葉樹林下に生えるとの説明が多いが、本種は落葉樹林に生えていました。菌根性菌に依存にているのでコナラ、クヌギの傍です。最初は菌根性菌を利用していたが、楽して怠けているうちに光合成をやめて依存状態になったのでしょう。

小平市 2012.6.20


 
トップ・ページへ


inserted by FC2 system