スモーク・ツリー  別名:ハグマノキ(白熊の木),カスミノキ(霞の木),ケムリノキ(煙の木)
分類 ムクロジ目ウルシ科ハグマノキ属
学名 Cotinus coggygria Scop.
属性 木本 互生葉序 円錐(複総状)花序 花色:白 花期:夏
原産地 ヨーロッパ南部〜支那
生育場所 

 別名は、花の後の花序が羽毛状になりハグマに似ていることから付けられた名前だそうです。ハグマ(白熊)とは,動物のヤクのしっぽで作られた旗竿や矛先につける飾りだそうです。そのような物が日本にあったのかな?(あるのかな?) カスミノキとかケムリノキはもっともです。ヨーロッパから支那に分布しています。
 葉や葉裏が赤色(赤紫色)のもので撮影したのは、 赤葉植物リストにまとめています。

明治薬科大学 2004.6.12


 
トップ・ページへ



明治薬科大学 2004.6.12



越生 あじさい公園 2004.6.20


inserted by FC2 system