ミズバショウ(水芭蕉)
分類 オモダカ目サトイモ科ミズバショウ属
学名 Lysichitum camtschatcense
属性 多年生草本 互生葉序 肉穂花序 花色:白,黄緑 花期:春,夏
原産地 日本,千島,樺太,ウスリー,カムチャッカ
生育場所 湿原,湿地

 名前は葉がバショウ(芭蕉)の葉に似ているからです。ザゼンソウと同様に、白いのは花ではなく、仏炎苞(ぶつえんほう)で、本当の花は中心部の黄色いところについています。同じ場所にザゼンソウ(座禅草)も咲いていることが多い。
秋田県刺巻 2004.4.20


 
トップ・ページへ


inserted by FC2 system