アカツメクサ(赤詰草)  別名:ムラサキツメクサ(紫詰草),レッドクローバー
分類 マメ目マメ科シャジクソウ属
学名 Trifolium pratense
属性 多年生草本 互生葉序 総状花序 花色:赤紫 花期:春,夏,秋
原産地 ヨーロッパ
生育場所 野原

 花色が赤紫色の花を咲かせる多年草です。原産地はヨーロッパで明治時代に日本に渡来しています。シロツメグサは江戸時代に渡来しています。赤とは言えない色であり紫に近い。クローバー「シロツメグサ(白詰草)」によく似た姿、形です。シロツメクサに比べて茎が長く立ち、花も一回りほど大きいのが特徴です。小花が多数集合して球状の花に見えます。葉や茎に薄い毛が生えています。葉は3枚でまれに4枚のものもあります。鶏や兎などの牧草とされます。ベニバナツメクサ(紅花詰草)も似ています。


武蔵野市 2004.5.12


 
トップ・ページへ


inserted by FC2 system